前へ
次へ

医療費控除になるものとならないもの

医療費控除とは、家庭における年間の医療費総額が10万円を超えた場合に申請することで申請者の所得税の一部が免除される制度です。
難しいのは控除される範囲ですが、一般的には医師、看護師、保健師などの資格保有者がかかわったことで発生した費用だとされています。
例えば病院で受けた診察費や治療費、処方および市販の薬代、治療のための整体・はり・指圧などの費用、通院のための交通費、妊娠中の健康診断や出産費用などが該当します。
もちろん、これは一部なのでこれは控除されるのかな・・・というものは税務署で確認してみるといいでしょう。
また、勘違いしやすいのは通院で使った自家用車のガソリン代、予防接種の費用、異常が見つからない場合の健康診断費用、美容目的の治療、母体保護法外の中絶費用などがあります。
医療費控除の範囲は時代とともに変化するので、現在NGなものでも数年後にOKになっていることもあります。
随時確認して医療費負担を減らしましょう。

Page Top