前へ
次へ

下肢静脈瘤が原因のこむら返りは医療機関で相談

突然足の筋肉がつるこむら返りになると耐え難い激痛に襲われます。
こむら返りは長時間歩いたり、激しいスポーツを行ったり立ち仕事をしたりすることで起こります。
夜間に睡眠中に起こることが多く原因は、筋肉の疲れや水分や電解質の不足によって起こります。
もしこむら返りになってしまったら慌てずにふくらはぎをのばすことで治ります。
そしてこむら返りを予防するには、ビタミンEやマグネシウムを含む食品を摂ることです。
ひまわりの油やアーモンドや大根の葉には、ビタミンEが多く含まれています。
次にきな粉や納豆にオクラやごぼうにはマグネシウムがたくさんふくまれています。
それから運動不足もこむら返りの原因になるので普段から歩くようにします。
それから睡眠をしっかりとることも大事です。
こむら返りはほとんどが一過性のものですが、頻繁に起こるようであれば下肢静脈瘤の疑いもあるので、医療機関で診察を受けてみることをおすすめします。
医療機関では保存的療法や手術で対応してくれます。

Page Top